ウッドデッキ工事施工会社をお探しならエルビーシステム

高耐久処理木材へのこだわり
さまざまな試み

001/カテキン木材

タンニンの少ない材への注入の場合、材の発色が緑色になるため、化学反応でもう少し木としての自然な色に近づけたいと考えた。
そこで、食品に入れる茶カテキンを利用し材をコーティングし滑らかにする効果も狙いつつ化学反応による発色をさせた。

結果

作成の時期及び材料の種別により多少発色の仕方にムラはあるものの、塗装と違い全体的に自然で暖かみのある色となった。

■カテキン木材を利用した施工例

■N邸
■ N邸
■I邸
■ I邸

森林総研の実験結果報告書

注入された木材に対する茶カテキンの反応色がウェザオメーター利用の促進技術により、どのように変化するかを調べて頂いた。

森林総研の実験結果報告書イメージ